1. 富山 学習塾わかば会トップページ
  2. コラム
  3. "あきらめない気持ち"を伝えたい

わかば会 講師コラム

わかば会講師のコラムです。わかば会講師の日常から、受験に関するお役立ち情報、皆さんへのメッセージ等をお届けします。

コラム

"あきらめない気持ち"を伝えたい

3月になりました。
県立高校入試まであと1週間あまり。
また、国公立大学の合格発表も1週間ほどで始まります。

国立大学の2次試験を終えた生徒が帰ってきました。
開口一番、「先生、失敗した・・」
「**は良かったんだけど、++で勘違いして、気がついたのが終了10分前。間に合わんかった。」
「ごめんね、先生・・」と、立て続けに語るうちに涙目になっていました。私は、何も言えず、見つめるだけ。
そして、しばらくしてボソッと「やっぱ、後期がんばる。」

この時期、時にはこんな場面を残念ながら体験します。
正直つらいです。
夏から秋、そしてクリスマス、正月と、がんばっていた姿を知るからこそ、何も言えなくなるのです。

0103illust.jpg

そんな時、決まって思い出す生徒がいます。
彼は、ある私立大学にどうしても行きたいと、思いを込めていました。しかし、センター試験で大失敗をしてしまいました。
幸いその私立大学の彼が学びたいと思う学部では、あと3回受験の機会がありました。彼は挑戦しました。

しかし、2月始めの試験の発表の時、「やっぱり、あかんかった。」と彼。続く2月の終わりの時もそうでした。

しかし、彼は決してあきらめませんでした。

最後の試験に向けて、毎日、毎日、自習室の自分で決めた席に座り勉強していました。時々励ましの声をかけようと思うのですが、彼の席の周りは、なんと言うか他にはない気配を感じさせ、ためらわされたのを覚えています。

そして、3月半ばの3回目の発表のとき、ふらっと私のそばに来て、「先生、受かった」と、はにかむ様に、報告してくれた笑顔が忘れられません。

いつもこの時期になるとこの生徒が思い出されます。
だから「あきらめない心が大事なんだよ。」と私は伝えます。

その後、その彼は大学院に進み就職しました。
高校時代からのあこがれを実現していると聞いています。

今しばらくはいつも以上に生徒の話を聞いて、強く、強く、"あきらめない気持ち"を伝えたいと思っています。


掲載記事に関するお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

講習会
  • 富山 自立型 個別指導
  • 富山 解決型 個別指導
  • 富山 わかばゼミ

facebookでも わかば会 をご案内しております。

facebook

時々、わかば会の日常をお伝えしています。

facebook

(一社)富山県教育ネットワーク

富山県教育ネットワーク

「富山全県模試」は
こちらからお申し込みください

全県模試
ページトップへ